先般の良い食品づくりフォーラム東北は、歴史に残る東日本大震災の被災現地で開催しました。
98名の会員が参加し、深い学びの内容に満ちていました。

恒例のセミナーでは、建築家・妹島和世建築設計事務所代表の妹島和世先生をお迎えしました。
「環境と建築」と題し、これまで手がけてこられた街づくりについてお話をいただきました。
また、被災地で進められている復興支援プロジェクト「みんなの家」についても、被災地の現状や地元の方との交流を通して感じることなどを交えながら、ご説明いただきました。
自然栽培農家木村秋則先生には、「奇跡のリンゴが実るまで」と題し、無農薬りんごへのチャレンジとその精神について語っていただきました。

3.妹島さん講演1.JPG

生産者会員報告① キープ協会
4.生産者報告(キープ協会).JPG
キープ協会の名前は「Kiyosato Education Experiment Project」の頭文字をとったもの。ポールラッシュ博士によって戦後日本の民主的な農山村復興モデルをつくることと、実践的な青少年教育を目的に創設されたという歴史から、現在力を入れて取り組んでいる環境教育(酪農、搾乳体験等)まで分かりやすくスピーチいただいた。教育において知ることよりも感じることの大切さを強く感じました。


生産者会員報告② 西出水産 西出隆一さん
4.生産者報告(西出水産).JPG
江戸初期にさんま漁を初めて行ったのは和歌山の漁師だったそうで、和歌山の食文化に「さんま」は欠かせないそうです。創業から50年、和歌山市の雑賀崎で灰干さんまを作り続けている西出水産の西出社長には、原材料や製法のこだわり、品質を向上させるための努力等についてお話をいただきました。中央市場の競りの仕事に携わっていたが、30歳の時にこの伝統を自分が残していかねばと思い、家業を継いだというエピソードに強く心を打たれました。


協力店会員報告① 良い食品處さとなか 里仲純二さん
6.協力店報告(良い食品處さとなか).JPG
「良い食品處さとなか」は、「古事記」の編纂に関わった語り部の祖・稗田阿礼の出身地である奈良県大和郡山市にあることにちなんで、昨年から「食の語り部」講座を定期的に開催されています。これまでの講座の内容や参加者の反応などをご説明いただいた後、この講座を通して、素晴らしい日本の食文化を次代に伝えていきたいとの思いを語られました。


協力店会員報告② ペント 中島理晴さん
ペント.jpg
本会会員・丸八製茶場のお茶に出合いそのおいしさに感動したことが、入会のきっかけになったというペント中島さん。会の勉強会に誘われて初めて参加した時は、自身の知識の足りなさを実感したそうです。それから3年程、勉強会に通い続けてやっと入会が認められ、2010年晴れて会員となったそうです。このスピーチでは、徹底したコスト管理やチラシ作りの工夫、それから「モノを売るからコトを売ること」「社是は従業員を幸せにすること」など、自身の哲学を熱く語られました。


講話「大震災から復興へ」
「宮城県女将会」磯田悠子会長と仙台に拠点を置く会員から、当時の被災状況やその体験から学んだこと、そして復興状況についてお話いただきました。

suzuki.jpg isoda.jpg

keita.jpg sasaki.jpg
一ノ蔵 鈴木整さん(左上)、宮城県女将会会長 磯田悠子様(右上)
精華堂あられ総本舗 清水敬太さん(左下)、仙台味噌醤油 佐々木淳一郎さん(右下)

6月1日・2日開催!
「第10回 八ヶ岳良い食品博覧会」について、現在発売中の「私のカントリー84号」で紹介されました。

私のカントリー84号(良い食八ヶ岳2013)-2.jpg私のカントリー84号(良い食八ヶ岳2013)-1.jpg

今年の「八ヶ岳 良い食品博覧会」は、6月1日(土)・2日(日)、キープ協会清泉寮で開催します。
詳細は決まり次第、このホームページでお伝えします。ご期待ください。

会員の相互研鑽の場である「 良い食品づくりフォーラム」。
今回は宮城県松島で下記のプログラムを行い、無事終了することができました。
幹事役の東北地区会員の皆様をはじめ、全国からご参加くださった会員の皆様、お疲れさまでした。

matsushima.JPG


〈実施プログラム〉
2月17日(日)
 原材料製法部会/表示包装衛生部会/官能部会
 部会終了後、合同研修

2月18日(月)
 講演「環境と建築」建築家・妹島和世建築設計事務所代表 妹島和世先生

 講演「奇跡のリンゴが実るまで」自然栽培農家 木村秋則先生

 生産者会員報告① キープ協会
 生産者会員報告② 西出水産 西出隆一さん

 講話「大震災から復興へ」
  宮城県女将会会長 磯田悠子様
  仙台味噌醤油 佐々木淳一郎さん
  精華堂あられ総本舗 清水敬太さん
  一ノ蔵 鈴木整さん

2月19日(火)
 協力店会員報告① 良い食品處さとなか 里中純二さん
 協力店会員報告② ペント 中島理晴さん

 「食品を識る」(各部会報告)

 被災地見学(石巻の被災地、復興仮設商店街の現状を視察)


 

2013年最初となる「良い食品通信vol.10」を本日発行いたしました。

巻頭インタビューには、ドラマ「セカンドバージン」をはじめ、
数々のヒット作品を手がけて来られた脚本家の大石静さんが登場。
また、「ニッポンの良い食品。」には、独自の哲学を貫き、
本物の食品づくりを目指している個性溢れる会員5社を紹介しています。

良い食品通信は、全国の販売協力店で無料配布していますので、
ぜひご覧ください。また、本サイトでも閲覧いただけます。

yst10top.jpg

前の10件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15